子育て中の看護師さんを応援します!

子育て中の看護師の転職について

2002年の法改正によって男女の区別の無い「看護師」へと呼び名が変わり、 徐々に男性看護師の存在も珍しくは無くなってきました。 とはいえ、看護師はまだまだ女性の割合が高い職業でもあります。

女性である以上、妊娠・出産・育児によって転職が必要になってくる事もあるでしょう。 こういった転職では、勤務可能時間に限りがある事がほとんどです。 「そもそも辞めない事」はもちろん大切ではあるのですが、 それでも転職が必要になってきた場合のポイントを押さえておきましょう。

上にも書きました通り、育児中の看護師の場合は勤務時間に制限ができてしまいます。 「夜勤はできません…」 「保育園にお迎えに行ける時間までのパート勤務で…」

そうなってくると、物理的にも精神的にも職場からの理解を得る必要があるでしょう。 同じ境遇である看護師が多い方が理解は得やすいはずですので、 できれば勤務する半数が同じ「子育て中の看護師」である病院を探して下さい。

この「半数程度」というには理由があります。子育て中の看護師からは理解を得やすいのは確かなのですが、これ以上(半数以上、ほとんどが)子育て中であった場合は物理的な理解が得られなくなってしまいます。

つまり他の子育て中看護師にもそれぞれの都合がありますので、希望する休日が重なってしまうなど シフト上のトラブルが避けられなくなってしまうのです。 理解のある子育て中看護師とフットワークの軽い独身看護師の割合に注目しつつ、 賢く求人選びを行って下さい。

さらに理想的な求人として挙げられるのは「託児所を設けた病院」だと言えるでしょう。 小さな子供は何かと病気になりがちです。保育園に預けたばかりの頃は、何度も発熱してしまって… というケースも珍しくはありません。そんな時、病院の託児所は大変便利です。

残業が発生してしまった場合でも、保育園のお迎え時間を気にする事無く勤務する事ができるでしょう。 子育て中でも活躍する看護師の方は大勢いらっしゃいます。 仕事と育児の両立は不可能ではありません。ぜひ、転職を成功させて下さい。