起こり得るリスクを避けるための考え方

看護師の仕事:現場でのミス

パート看護師がやるべき仕事は実に多く、外来や病棟など勤務場所によっても違いがあります。仕事内容は、問診、バイタルチェック、注射、採血、記録、診察の準備と片付け、診察時の医師の手伝い、巡回などやるべきことは山ほどあります。
看護師求人の現状 - 入職後の新人研修について

病棟勤務になると、患者さんの体位を変換したり、ベッドメーキングもあります。 加えて、患者さんの体を拭いてあげたり、入浴や食事の介助、排泄の介助、患者さん及びご家族に必要な指導をすることもあります。

看護師には、これだけハードな仕事が毎日待っています。 又、残業も少なくありませんし、夜勤もあります。 心身とも疲労する大変な仕事です。 日々、過酷な労働環境のもとで働いている看護師にとって、医療事故は隣り合わせだといっても過言ではないでしょう。 実際に、それを恐れて離職する方も珍しくありません。

看護師の現場でのミスには色々あります。 例えば、点滴のミスには、点滴液、点滴ルート、点滴計算等々があります。 動脈血と静脈血を勘違いした点滴ルートミス、経管栄養ルートに輸液を入れるミスなど、点滴ルートミスは最近目だっているようです。

他にも点滴の際の固定や接続のミスで、出血したり腕が腫れ上がるなどの事例もあります。 与薬に関しても、量のミス、渡す患者さんを間違えるミスなどがみられます。

又、入院患者の出入が多い病棟では、同日に複数の入院患者さんがあるときや、同疾患の患者さんが入院がする際に、患者さんを取り違えることもあります。 このようなことはあってはならないのですが、毎日、入院患者さんを受け入れている医療機関において、起こりうる可能性は否めません。

加えて、プライバシー保護の関係上、ベッドネームを付けない医療機関もあります。 こういったところでは、患者の取り違えというミスが多発する可能性も考えられますから、ミスを防ぐ万全の対策を講じる必要があります。

ミスには、インシデントとアクシデントがあります。 大事に至らなかったレベルのミスはインシデント、医療事故にまで発展したものをアクシデントといいます。

大抵はインシデントレベルのミスが多いようですが、場合によってはアクシデントレベルになることも充分に考えれられます。 ですから、特に新人の看護師には、ミスを防ぐために必要な教育や指導を厳しく行なっています。


現代の助産師に求められるスキルアップとは

近年の出産を取り巻く環境の変化として、少子化が止まらず、妊婦の高齢化が進んでいることから目をそらすことはできません。 また情報化社会によって、出産についての知識がより人々に浸透しています。

この事実はそのまま、産婦人科で取り扱うお産件数の減少、高齢出産・ハイリスク妊娠の増加につながります。 また、妊婦の出産への希望を聞いてできるだけ沿うようにしたり、より快適な通院・入院環境を整えるなどの、病院側からのアピールも見られます。

当然お産を主導的に行う助産師の存在意義・姿勢についても、変化が見られます。 高齢出産やハイリスク妊娠に対しては、健康な経過を送る若い妊婦さんを見るのとは異なる、経験に裏付けされた細やかな視点や知識、スキルが必要です。 緊急時の対応を迫られる場面も増加するでしょう。

大学病院や地域の中核となるような総合病院などでは、そのような妊婦さんの対応をする場面が日常的に見られますが、中小規模の病院や診療所などでは、なかなかそのような「現場で学ぶ」機会が少なく、助産師がより主体的にスキルアップを目指す必要があるのです。

助産師自体がより専門的な資格ではありますが、さらなるスキルアップ方法のひとつに「認定看護師」資格の取得があります。 助産師は、看護師の資格をもってなれる職種です。 そのため、看護師のスキルアップ資格である認定看護師は、助産師の仕事にもプラスになります。

同様に、感染管理認定看護師の資格取得でも役に立つ知識が得られますし、妊娠に関わることとして、不妊症看護認定看護師、母性看護専門看護師、そしてエキスパート助産師といった資格もあります。

今後の社会的な流れや医学の進化によっても、助産師に求められるものが変わっていく可能性はあるでしょう。 しかし、赤ちゃんの誕生を扱うという仕事の素晴らしさと責任は変わることがありません。

さまざまな事態にベストな状態で対応できるよう、助産師として職場で経験を積みながら、スキルアップしていくのが理想的であり、自分のやりがいや自信にもつながると思います。 新人助産師も、そんなあなたの姿を見て、学ぶことがあるでしょう。

とはいえ、まずは勉強できる環境があることも大切です。 物理的に時間がない、「資格を取る」と言えるような環境ではないということでは、仕事と勉強の両立が難しくなります。

スキルアップでの資格取得を支援する病院や、経験から学べるような大病院など、まずは転職先を探して環境を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

下記で紹介するサイトでは、目的に会った求人に出会える、おすすめの転職サイトを比較することができます。 より良いお産のため、妊婦さんのため、そして自身のためにも、目標を立てて頑張ってくださいね。